自分の売っているものに飽きない―【WORK】

【自分の売っているものに飽きない】
よく商売の事を「あきない(商い)」というけれど

あれは自分の商売に「飽きない」ってことでもあると思う。

毎日ブログを書いていると

「これ前にも書いたしな」
「誰が読んでいるかわからないし」
「もう皆知ってるかもしれないし」

と自分で自分のやっていることに飽きてしまうことがあります。

悩んで書いている時にも

自分で自分の文章に「飽きて」しまい

結局下書きなんてこともあるぐらいです。

要するに

モチベーションが上がらない!

と言っている人は

「飽きている」のではないか?
でも、私たちは常に新しいお客様との出会いを望んでいるはず。

それは今日はじめてブログを見てくれた人かもしれないし

今日はじめてFBの投稿で出会った人かもしれない。

今日はじめてお友達から聞いて調べてみたという人かもしれない。

そういうはじめての人にとっては

私たちの商品やサービスは「新しい価値」なのです。

だから、講師はいつでも自分の

「商いに飽きないこと」

ずっと売り続けること。

「売れない」

とぼやくひとのほとんどは自分のやっていることをほとんど発信していません。

もしくは読者が少なくて届いていません。

だったら、新しい読者に合うために読者登録するとか

交流会にいって出会った人に話すだとか

FBに日々の学びを投稿するとかできることはあるはず。
最初はお茶会や講座をやっても誰も来ないかもしれない。

でも、

「来ないからやらない」

というのは

たった数回の努力で

頑張ることに「飽きている」だけです。

集められない自分に「飽きている」だけです。

何度もやっているからこそ

次は行きたいなという人が育ちます。

ほとんどのものは売れます。

自分が飽きなければ。

その商品が良ければ。

だから自信が持てる商品を飽きないで売り続けていく

こういう時代だから、

こうやったら「儲かりますよ」という一見うまそうな話はどこにでもあります。

でも、どんなやり方も「飽きて」いたら成果が出る前に「やーめた」となります。

大事なのは飽きないで続けること。

*****
今日のしつもん
*****

今、何かに飽きてない?

「飽きない」ために何をする?

「飽きたら」やめる以外の道はある?

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 最新刊を高値で売るのも時間術

  2. 目の前の仕事に追われてばっかりな自分を抜け出す時間術

  3. 白黒つけたい女

  4. 時間とお金の未来貯金はじめます

  5. グループコンサル卒業生の活躍と9月生の募集

  6. 引っ越しも個性がでるんだなぁ

  7. 私の隠れた才能って?

  8. 人の家をのぞき見した気分です