お母さんという生き物はいつまでも子どもが気がかり

ズルいぐらい幸せになる個性の磨き方やまなかまりこです。

子供が赤ちゃんの時は、
お座りやあんよがどうとかの成長が気になり
少し大きくなると
好き嫌いや生活習慣、イヤイヤ期が気になり
園にいくと
お友だち関係なども気になるようになり
学校にいけば
勉強のことも気になるようになる
結局、子どものことって悩みが変わっていく。

fb_img_1461459231461.jpg
そして、お母さんという生き物はいつまでも子どもが気がかりなんだよなぁ。
個性心理学のファミリー診断の内容はどこにありますか?と聞かれたのでリンクしときます。

 

ISD個性心理学ってなに?という方はまずはこちら

NEWISD 個性tukurikake

 

toi600

 

関連記事

  1. 1,2歳なら三輪車よりこっちがいいかも!-公園レーサー子どもの乗り物

  2. 女をラクさせる流行り

  3. 【急げ】6月末までが早割特典で割引です!

  4. 朝の支度をスムーズにする時間術ー玄関収納編

  5. オンライン講座スタートセミナー募集開始します!

  6. 空気よめなくても上等!好きなものは好きなのである

  7. 倍速で、考えて、動いてみる

  8. 【い】「忙しい」は「充実している」と考える