自分も周りも幸せにできる時間管理なら楽しくやれそうです

時間マネージメントマスターコーチやまなかまりこです。

先日、ママのための時間術にご参加いただいたMさんより
感想をいただきました!

[関連記事]
➡毎日4時半起きなのに?

Mさんは早速、いろいろ活用しただいているようで
うれしかったので了承を得て紹介させていただきます。

私がワークに取り組んでいる間に私のつぶやきを拾って早々と
検索してくださり、ありがとうございました。

タイムマネジメントが身についているってこういうことなんだな…
相手をいかに喜ばせる&ファンにするってこういうことなんだな…
そういうことも学びました。

さて、私はどうなったかと言いますと…
あれこれ手放しました。
「食器はさげてちょうだい。洗わないぞ~」
「明日の着替え、夜のうちに決めようよ。今だったらニコニコ一緒に選ぶのに付き合えるよ」
「ご飯をついだら、2倍のハグ付きです。誰かやりますか?」

長男はハグして欲しくて、ご飯をついでくれるようになりました。
しかし、ご飯をつぎたい三男と喧嘩勃発もありますが。。

この1週間でやりたかった編み物が進みました。
段にカウントすると10段ですが…それでもいいんです。

正直、時間マネジメントっていうから、
やりたいことをやれるようにするために無駄な時間を探したり、
無駄な時間を過ごさないためのコツがわかるのかなと思ったのです。
手放すことや頼ることが入るとは思わず、
夢ややりたいことをやるにはやはり周りを巻き込む必要があるんだなと感じました。

時間術は幸せになるためのもの

先日はご参加ありがとうございました!
ママの一日は忙しい。
そして複雑です。
講座の時にお話していてMさんちはこんな悪循環になっていました。

ママが忙しい

言ってもやらない

ママがしかたなくやる、
あるいは一緒にやってくれる

ママの時間が無くなる

時間

このおうちの場合は、
子どもがやらないことで代わりにママにやってもらえる
ママにお世話してもらえる
やらないことでラクができる
という不思議な状態になっていました。

でも、本当はみんなママが大好き
そして大きい子たちは自分でできる力も持っているはず。
だから、
「がんばったほうがママにかまってもらえる」
にチェンジしたらどうかな~という話をしました。

いつの間にか
ママだからやって当たり前
ママだから子どものお世話はすべき
となっている場合もあります。

でも、子どもはいつか大きくなります。
ママの本当のお仕事は
子供たちが自分で生きていく力をつける手助けをすること。
代わりにやってあげることだけがその子のためになるとは限りません。

gahag-0024540101-1.jpg

それにしてもMさんちのハグしてもらえる権を取り合いになる話、
なんて、なんて可愛いんでしょー。

自分のやりたいことをやることは贅沢なことでもなく、
自分を動かす大事なガソリンです。
編み物が進んで段が増えていくっていいですよね。
出来たものを身に付けることを想像しながら編むって幸せな時間。

時間管理ってなんか無駄を省く冷たいものじゃなくて、
自分も周りも幸せにするもの。
自分が何でもやっちゃうってことは
家族や誰かの活躍のチャンスを潰しているかも。

子供はママが大好き!
だから、応援してくれるって思いますよ。
旅行たくさん行けたらいいですね。

感想ありがとうございました。

今後の開催予定

10月は一般向けのパパママ時間術の開催があります。
9月26日の時間マネージメントアドバイザー養成講座@品川
が開催決定しています。

時間サイドバーばな チリツモ100 toi600

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 大盛り上がりのヒミツゲーム

  2. あったらいいものは・・・・

  3. 仕事の醍醐味ー働く女の美言

  4. 時間がないってホント?

  5. 大船子連れ産後エクササイズ―バランスボール

  6. ブログは何のために書くのか?シリーズまとめ

  7. リザスト使いこなし術―メールアドレスの変更

  8. 仕事も家庭も大切にしたいパパとママの時間術