いつかまた働きたい!

ズルいぐらい幸せになる個性の磨き方やまなかまりこです。

また働きたい!

昔、私のベビー教室に来てくれたあるママ。
出産を機にお仕事を退職した方でした。
Aさんとここではお呼びします。

彼女は教室の一回目に来た時に
「また働こうと思っています」と話していました。

55175911_480x480.png

で、別のところで出会ったママBさん。
彼女もまた、働きたいという話をしていました。
Bさんは保育がないから面接に行けない。
保育園が少ないから仕事ができなんだと話していました。

その時のおうちレッスンは3回講座でした。
Aさんはなんと3回目の時にはもう就職も決まり、
保育園にも入れる段取りが終わっていました。

何が違った?

AさんとBさん同じ時期に出会って、
二人とも「働きたい」と言っていた。
でも何が違ったのでしょう。

単純にAさんは「働く」と強く決めていたのだと思います。
Bさんは口ばっかりでした。
働きたいけど・・・・
といつも「けど」が文末についていました。

wp-1478388318839.jpg

Aさんは違いました
「働きたい」の後にはいつも「から」がついていました。
「働きたいから」、ファミリーサポートの人と会ってきた。
「働きたいから」、履歴書を10か所以上に送っていた
「働きたいから」、旦那さんにもその話をよくしている
「働きたいから」、役所に何度も足を運んでいる

この「けど」と「から」の違いは大きいんだなぁとその時実感しました。

「けど」はやりたいを叶えない

先日のパパママ時間術の時にも「また働きたい!」という方がいました。
でも、講座を受けて
「自分は未来のために、そして働くための準備は何もしていない!」
ってことに気が付いていました。

「働きたい」話は結構よく聞くのですが、
あのAさんが一番スピード感あったなーと今でも思います。

「けど」はやりたいを叶えない。

だから自分も何かやっていて
「けどなー」と思った時は、ハッと気が付くようになりました。

言葉と行動どっちが先なのか分からないけれど、
やるって決めて、
「やりたいから」どうしようかなって考えていこうってことですね。

次の一般向けの時間術は12月ママスク開催です。
講師養成は随時開講中。

時間サイドバーばな チリツモ100 toi600

関連記事

  1. 【実録】在宅オンライン中心で働くある日の私

  2. みんなのために!が強すぎると

  3. 旦那は大人である

  4. 頼り上手な女になる

  5. 「衝撃だな!」と思うことがよくあります。

  6. ほら、オンラインで働くとこんな風に自分時間が作れるんだよ~!

  7. ママ起業のスタートの切り方

  8. スタイリストさんは妊娠中でも可愛かった!