今朝、最速の女になるー3パーセントを超えてみる

 

ズルいぐらい幸せになる個性の磨き方やまなかまりこです

この記事は昔のブログに書いていたものですが好評だったので
転記します

すっぴんの上、最速の女になる


今日は
朝から旦那の忘れ物(正確にいうと借りていたものを返し忘れたので私が悪い)
を届けに駅までダッシュ

私は運がいいのでもちろん信号は全部(だったと思う)

たぶん今までで最速だったかも!!


pak75_dashtokyo20140823105505-thumb-autox1600-17580

通りすがりのひと見えなかったよ思うよ~、すっぴんだしさ。

頑張れば こんなに早く駅につくんだなぁ

とびっくり
そこで思い出したのは 昔聞いた3%の話

 

3パーセントの話

人はいつも自分の持っている力の3パーセントぐらいの力

しか使っていないのだとか

だから何か非常事態が起こったときには火事場の馬鹿力で

びっくりするようなことができたりする。

これは潜在意識なんて言葉で表現されたりもしますね。

あれは、急に成長したとか、力がついたとかではなく

要するにそれまで

出していない力があった、

そういうことなんでしょうね。

その話を聞いたとき

「いや~、私は結構頑張っているから5%ぐらいは使っていますよ」むっ

と思った記憶があります。

でも、その話を聞いてから

なにかしんどいことがあったときや

頑張りどきで苦しいとき、

たぶん今自分は「普通の3パーセント」

を超えてるから苦しいだろうな~。

と思うようになりました。

どうやってキャパを広げるのか?

人間 自分には甘い生き物なので自分で
「普通」を超えるって結構勇気いるんです。

だから、私がどうしたかというと
とりあえず、
積極的に学校や幼稚園の役員をするようにしたり
(もちろんわざわざやるんだから当然、長か副リーダーね)

でっかいイベントの実行委員長を引き受けたり
(これは激やせするほど大変だったし、周りにほんとに助けられた)

今までやってこなかった事にもどんどんチャレンジしてみました

新しいことをやるためには

当然、
今まで自分のやっていることを整理し、エネルギーや時間や心に
スペースを使って作らなければなりません

だから、そういうことを引き受けた一年というのは
本当にやばいぐらい大変になります。

ぐったり、大変

でも、その

大変
大変
大変

も任期が終わればなくなります。

「大変」のあとにすること

で、実はこっからが大事

一度自分の心とスケジュールに作ったそのスペースが
たとえ空いたとしてもそこに必ず新しい何かを入れ続けること。


多くの人は、

大変、大変が終わると

ちょっと休もーーっと

となりがちです。

watch

でも、
せっかく作ったスペースを
もとに戻しちゃうのはもったいないこと。

なんでこういう話をするかというとね
私たちの最近のテーマは
「何か犠牲にするんじゃなくて
愛もお金も自由も幸せに全部手に入れたいよね」
とそれが目標だからです

それを叶えるためには

自分自身のキャパシティが大きいことが前提になるわけです
だって、

仕事にしても

家庭にしても

責任が伴います。

とても片手間で何の努力もなしにうまくいくほど軽いものではないはず。

だから
今日の3%より

明日の3%が大きくなるように

ちょっとずつ広げていかないとなーと思うのです。

今、仕事をしていて、
活動をしていて
しんどいな
と思ったらそれは自分のキャパシティが広がっているということ

厳しいことを書くようですが、
「私はあんまり大変なのはイヤ」
「いっぱいいっぱいになるのは困る」
なんて言っていると
ちっとも3パーセントの大きさが
成長しないで結局いつまでも
なーにも手に入らないってことがあるかもね!

だから、未来への投資として
3パーセントを超えてみるというのは結構大事なことだと私は思ってるんです。

時間サイドバーばな チリツモ100 toi600

 

関連記事

  1. 超オシャレな「緑のおばさん」に学ぶコーディネートのコツ

  2. WIFIが使えるカフェ@横浜編

  3. 「やらない」という選択肢

  4. 【満席御礼】仕事も家庭も大事にしたい!パパとママの時間術

  5. 函館の美味しい回転ずし屋さんといえば・・・

  6. 【感想動画】時間マネージメントコーチ養成講座

  7. 【泣くな!ママたち】家事とは元に戻すこと!

  8. ママスク一日講師勉強会ってこんな感じです!