うちの子の「困った」は才能だった!

自分の事は一番わかるってホント?

昨日はオンラインで
ISD個性心理学インストラクター講座でした。

この講座、もともと個性や自分の強みがわかるので
とても盛り上がるのですが・・・
今回は自分とタイプの全く違う受講生さん。
こういう時の講座は面白さ倍増です。

hanaスクリーンショット 2017-01-24 12.42.28

自分の事は自分が一番わかっている!と誰もが思っているはず。
でも、実際は違うタイプの人の話を聞くと
「えーーっそんな風に考えるんですね」とびっくりします。
自分の当たり前がほかの人の当たり前と違うと気が付く瞬間

 

例えばこんなことありません?

・同じ話を聞いて怒る人と怒らない人がいるとき
・話したはずなのに「聞いてない!」と言われるとき
・同じように伝えているのに伝わる人と伝わらない人がいるとき
・自分は絶対にしないことを誰かにされたとき

「えっ?なんで?」って思うわけです。
今まではそれを
血液型や
出身地
男女の性差
で語ってきました

ISD個性心理学は動物占いのもとになった分類学
動物キャラ12種類なんてもんじゃなくて
実は分類は100万通り以上にもなります。

そんなわけで、この違いの話を聞くと
あー、だから伝わらなかったのね
あー、だからそこが気になったのね
あー、だからそこは重要だとおもってなかったんだ
など
いろーんな謎が溶けていきます。

お母さんに言われてたこと

「昔お母さんに言われていやだったこと」を
受講生さんが話してくれることがあります。

そういうのも、ISD個性心理学でひも説いてみると
お母さんがそう言いたかった理由も見えてきます。

1461493943023.jpg

そうすると、
「なんだ、お母さんと私はただ考え方が違うタイプだったんだな」と納得できます。

お母さんが子どもに思う「うちの子の困ったところ」は
個性の違いだったり
実はそれがその子の強みであることさえあるのです。

例えば・・・・

例えばある人は
昔から新しいことを始めるのが得意で
お母さんにはいつも
「次から次への新しいことをし始めて根気がない!」と言われていたそうです。

でも、今は新しいものを生み出す仕事をしてその特性を活かしています。

例えばある人は
昔から同時並行でいろんなことをするのが好きでした。
お母さんには「なんでもかんでも手をだして中途半端になるよ!」と言われていたそうです。

その人は大人になっても週末は平日とは違う仕事をして
ダブルで稼いでいます。
今でもいろんなことをやっぱりしている、器用な人なのです。

例えばある人は
昔からやる気になるとパッと行動する人でした。
でも時には早合点したり、二度手間になることもあって
お母さんからは「もっとよく考えてから動きなさい!効率が悪い」と言われていたそうです。

その人は今でもとっても行動が早くポジティブです。
もちろん失敗もしますが、いつも失敗からも学ぶので成長するスピードも半端なく早いのです。

例えばある人は
とても人見知りで、知らない人に会うとお母さんの後ろに隠れてしまうほどでした。
お母さんは「挨拶もできないなんて困ったものね」と言っていたそうです。

その人は今でも人見知り。
でも、時間をかけて友達との関係を築いていきます。
友達がいっぱいなタイプではありませんが、誠実な人柄で好かれています。
また、同じように人見知りな人がいるとさりげなく声をかけたりフォローをして雰囲気をよくしてくれます。

 

20160428_114602.jpg

例えばある人は
いつも「なぜ?」「どうして?」「どういうこと?」とあれこれお母さんに質問する人でした。
お母さんも答えるのが大変だったのか「うるさい子ね」と言われたこともあったそう。

その人は今でも仕事で疑問を見つけると自分で調べたり、人に聞いたり解決しようとする人です。
調べるのがうまく、知識も豊富なので人が知りたい情報をまとめるのが得意です。

お母さんたちは
「うちの子困ったものね」と思っていたかもしれません。

そして、子どもたちも
「あれ、自分のこういうところってよくないんだな」と思っていたかも。
でも、その「困った」は大人になったら強みになっていることもあるのです。
というか、そこは生まれ持っての個性なので直そうとして直るものでもないですからね。

だから、どっちかというと
直すよりは「知って活かす」ってほうがずっといい。

 

自分の嫌いなところ

ある人がISD個性心理学の講座の後に
「自分の嫌いな所が自分の個性だとわかってびっくりした」と言っていました。

そう、自分の嫌いだったところがいいところや強みだとわかると
自信にもなるし
自分のことが好きになる。

これってすごくうれしいこと。

それに、夫や子供への不満も
「自分とタイプが違うことでものさしが違うだけだった」と
わかるとこれまた気にならなくなっていきます。

実は自分の事は自分が一番わかっていないかもしれませんね!
お母さんに言われたことの謎がとけると
なんだ私愛されてたじゃんって再確認できますよ~

わが家の兄弟も個性がバラバラ
個性エピソードをまとめたコラム、どうぞ読んでみてくださいね↓

 

ISD個性心理学ってなに?という方はまずはこちら

NEWISD 個性tukurikake

 

toi600

 

 

関連記事

  1. 今月の無料講座はアメリカからもご参加いただきました!

  2. ママ起業でも10年続く仕事の作り方

  3. おうちから受けられる!子育てインストラクター講座

  4. 【満席御礼】仕事も家庭も大事にしたい!パパとママの時間術

  5. 【特別無料】パパとママのための時間術

  6. 時間マネージメント講座ってなんなの?

  7. 自分を楽ちんにする引継ぎのヒミツ

  8. 【感想動画】自分は時間の使い方はうまいと思っていました!