専門店って誤解しないでくださいね

今日は講師向けの記事

ズルいぐらい幸せになる仕事力の磨き方やまなかまりこです

今日は講師向けの記事です。

前回好評だった集客クイズに続き今回は
「講師業に必要な3つの力」を動画にしました。
もう見ましたか?

集まれ起業家&ママ講師グループに登録するとみられます
3つの力


登録すると一通目に動画URLが届きます。
この動画を見ると、資格を取った後の流れや必要なことが分かります。

 

自分は専門店?

*以下は動画を見ていないとわからない話なので登録してみたかただけ読んでくださいね。

メニュー構成ってとても大事ですよね。
動画ではレストランに例えて話しています。

回答2ではそれについてのメッセージがたくさん届いています。

>専門店がいいという話は知っていましたが、
>自分がどちらなのかよく分かりません。

>いまは多国籍料理店なのかも?

>自分のメニューがどんなものなのかを気づかせてもらえる内容で感動です。
>人から見たら、何でもやさんなのに、
>本人は専門店だと思ってしまう傾向にあるなと思いました。

そう、「人から見たら」
この発想大事ですよね。

一番簡単な「人から見たら何屋さんか」を発見する方法を紹介します。

 

見てみよう!自分の発信

一番簡単な「人から見たら何屋さんか」を発見する方法
それは、自分が発信しているものを見てみること。

FBで集客しているという人は
自分のFBの直近の投稿10個

ブログの人は
自分のブログ直近の投稿10個

この内訳をみてみてください。

参考までに
あるレストランの系列会社のブログを見てみました。

1、第1回「**まつり」が開催されました!
「**まつり」がタウンニュースに掲載されました!
2、無農薬クラブの野菜販売がありました!
*:まつりについてリベルタで記事になりました!
新鮮野菜のマルシェ開催!!
3、無農薬クラブの方々の野菜販売が行われました!
4、K-1ジム****がレセプションパーティーを行いました!
5、無人販売のお野菜入荷しました☆
6、社長がタウンニュースの人物風土記に掲載されました!
7、**店の春の新メニュー
8、小田原に***レストランがオープン
9、**店スタッフ**さん
10、来週オリジナルのレストランがオープンします

とこんな感じでした。
まあ、当たり前のことながら料理、食材、人材、系列のお店紹介が並んでますよね。
シリーズ、いらすと

 

Aさんの場合

では、ある講師の方のブログ

1、子どもとお出かけの話
2、子どもにイライラした話
3、教室のレポ

ここで11日ブログがあく

4、受けた講座の話
5、趣味の話

ここで1週間ブログがあく

6、飼っている犬と子どもの話
7、教室の告知
8、交流会に行った話
9、子どもの成長の話

ここで1か月以上ブログがあく

10、イベント出店の話
この人の発信をみて
何している人かわかります?

シリーズ

ベビー系の仕事でもないのに子供の投稿多し!
家族に向けてかいているのでしょうか?謎ですが
少なくても、片手間で仕事してそうな感じがプンプンしますよね(笑)

もう、こういう先生は選ぶのが怖い。単純に怖い。
どうせお金を出すならちゃんとした先生から習いたいもの。

 

講師Bさんの場合

1、美容メニューの話
2、交流会に参加した話
3、イベント出店のお知らせ
4、運動メニューについての記事
5、今勉強していることについての記事
6、出店したイベントの話
7、運動でも、美容でもないまた別のメニューの話
8、ブログ久しぶりの投稿になりました話
1週間ブログがあく
9、特にメニューとは関係のないつぶやき
10、女性の体についての話

この方は、Aさんに比べると仕事の投稿が多いので
仕事してそうな感じはあります。

でも、書いている記事がバラバラなので
本職というか専門性はどこなんだろう?と読んでいる人はわからないでしょうね。

しかも、美容について書いている記事の中にも
他のメニューもやってます!みたいなことを
ズラズラ上とか下とかに書いているので余計にややこしい感じです。

こういう人の場合、
お友達はは優しいので
「色々やっててすごいよね!」とポジティブに言ってくれます。
で、こういう社交辞令にいちいち浮かれてちゃだめですよ。

シリーズ

 

だって、お客さん予備軍の人からすると
「色々やってて意味不明な人だよね」と思う人もいるはずだもん。

これは、プライベートを一切書くなということでもないんだけど
少なくても、10個の記事のうちで仕事記事が多いに越したことはないですよね。
一個に特化するかの前に
まず投稿自体があちこちに行っている人はそのことに気がついてください。

お客様があなたを「何屋さんだと思うか」がつまり大事なので
自分でわかっているというだけではダメということですね。
判断するのは読んでいる方です。
色んなことをしているようでも一貫した主張がある場合はいいと思います。
この辺りの話はセルフプロデュース講座でしてます!

 

どっちを選ぶ

例えばね、
自分が病気になった時に先生を選ぶとします。

その時に先生が二人いたとして

C先生ー心臓専門医
   手術の経験も実績も申し分なし

D先生ー町の開業医なのであやゆる患者さんの症例を見ている
   風邪や食べ過ぎによる胃炎から内視鏡検査やカンタンな手術までやっている

 

自分の症状が軽いならまずD先生でいいかもしれないけど
でも、心配になってきたらC先生のような専門医を探しますよね?
お医者さんは集客をブログとかFBではしないでしょうけど(笑)

 

 

今日のヒント

自分のブログ(発信)を冷静に見てみる
「なんだかよく分からない」は結局売れづらい

じゃ、どうすりゃいいの?はここでは書けないので
この講座でどうぞ⇩追加日程出してます。

 

 

そもそも、あなたの起業向いている度は?ここでチェックしてみて↓
kigyouyoko1

10セミナー仕事づくり toi600

 

関連記事

  1. 愛する人との時間・・・・

  2. 休日のランチに困ったら・・・

  3. 【感想】準備が大変だから実はやりたくない仕事ほど●●になる!

  4. 読売新聞朝刊のライフー時間マネージメントアドバイザーで紹介してもらいま…

  5. 【満席】熊本地震チャリティイベントーグループ診断会

  6. あの人怖い~ってホント?

  7. 起業で成功するための「あかさたなはまやらわの法則」

  8. 幸せになる時間術