引っ越しても、どこに住んでいても仕事は作れる!転勤族ママの仕事術

転勤族の私が見つけたママのための仕事術

ズルいぐらい幸せになる個性の磨き方やまなかまりこです

急にぽかっと仕事が空くことがあります。
そういう時は前日の夜のうちに家でする仕事は
どさっと進めて、のびのび外に出て仕事しています。
本当は海に行こうとおもったのですが、
風が強かったので映画を見た後はテラスでお仕事。

PCさえあれば、ブログもかけるし、
ノートがあれば考えていることをまとめられるし
往復の電車ではお客様からの問い合わせに返信したり、
どこにいても仕事はできます。
どこでもオフィスです。


wp-1492169604881.jpg

 

やることをちゃんとやっていれば誰からも文句は言われません。
その代わり、納期をきちんと守り、時には夜なべするけどね。

こういう働き方は向いている人と全然ダメな人といると思います。
だって誰からも急かされないし、強要されないもん。
つまり自由という名の責任を自分がおうということ。

 

時間の意識は誰でも必要

本当はどの仕事でも時間や責任の意識は大事。
本当は時間というより、
「成果に対する報酬」としてお金をもらっているはずなんだし。

時間を長くするってことはその分
時間あたりの生産性は落ちちゃっているはず。

でも、なぜか早く終えようものなら
ほかの仕事を振られちゃって
自分が損するみたいな変な考え方があるでしょ。

wp-1490503267010.jpg

 

そう思ったら最後、早くやろうなんて意識が飛んじゃうじゃない。
それ問題だよね。

そういう人は、仕事を早く正確に終えたら帰るとか
秘密裏に新プロジェクトの準備なり自分のスキルアップなりの時間にあてたりしたらいいかもね。

 

でもでも人が少なくて仕事が回らない!

人が少なすぎて、業務がたくさんで
長時間労働になっている場合は
ほんとうは適正な人員を確保してほしいところ。

でも、それが無理なら思い切って改革なんだろうね。
効率や生産性の面から何かを思い切って
「やらない」選択をしないと回らないはず。
「そういうのは上司が考えるべき」なんておもっていても絶対に変わらないよね。

で、そういうことに文句を言ってそのままでいるのか
自分が革命を起こすのか?
さあ、どっちだろうね~。

 

今日のヒント

フリーでも企業人でも
働くことは
変わり続けること進み続けること

時間の意識は必要です

 

*これまでの記事を読みたい方、忙しい方は
サクッと読めるチリツモ時短術アイディア100でヒントを受け取って!
100読み終わるころにはかなり自分時間が持てるようになるはず。

時間サイドバーばな チリツモ100 toi600

関連記事

  1. 自信をつけるために今日からできること

  2. 増え続けるレジュメ、書類はこうすればいいのです

  3. ここが違う!時間の使い方のうまい人には特徴があった!

  4. ママ向け「時間がない!」の処方箋

  5. クラブメッド石垣島カビラビーチが素敵すぎる

  6. 意外にも一番よく分かったのは・・・・

  7. 保護中: えっ!●割の店がつぶれちゃうの??-メルマガ限定記事

  8. 大船子連れ産後エクササイズ―バランスボール