目立ちたくないあなたへ

狭間で揺れる女心


「カッコイイ」と「キタナイ」

「地味すぎる」と「派手で目立つ」の狭間で

この数年で、カジュアル服が市民権を得た感がありますね。
基本的には35歳を越えたら、
カジュアルの中にもどっかに「キレイ」を混ぜないと
ただのゆるい人になりそうな気がします。

でも、その境目って結構難しいよなと思います。
カジュアルが許される場と許されない場
(仕事など)

キレイめすぎると浮く場もあるから
(学校行事など)

ある講座で出会った女性、
ほとんどワードローブは黒なのだとか。
黒子族の人ですね。

講師の先生に
「あなたはこんな色も似あいますよ~」
と言われても
「でもー」と何度も言っていました。

その中で「目立ちたくない」みたいなニュアンスのことを言っていたのです。

FBなんかを見ていると
まあ、目立ちたい人いっぱいいますよね。(笑)
だから、かえって新鮮で
「へぇ、世の中には目立ちたくない人っているんだなぁ」としみじみ思いました。

 

悪目立ち

この場合の「目立つ」は
おそらく「悪目立ち」ということ。

「派手」とか「下品」とか
その域にはいきたくないよねってこと。

明るい色を着慣れていない人にとって
「キレイで素敵」と「派手で悪目立ち」
の境目は結構難しいと思っているんだろうなぁと思いました。

スパイス

さて、色の話ではないけれど
最近、休日用にダメージジーンズなるものを買いました。

これがなかなかいい感じで気に入っています。
これもまた
「カッコイイ」けど合わせ方を気を付けないと
「キタナイ」になるなと思って注意して着ています。

ファッションも仕事も普段はしないエッセンスを入れてみると「あっ、これ新鮮!」ってことあるよね~。
休日はそういうのを試してみてもいいかもね。


tyou 今日のヒント

仕事もおしゃれもスパイスを加えてみよう!
kigyouyoko1

10セミナー仕事づくり toi600

 

 

 

関連記事

  1. 蛇のいる部屋に入れ!

  2. 【オリジナル商品】シンデレラファーおすそ分け

  3. 11月の時間マネージメント講座

  4. Nちゃん個性大爆発だった話

  5. 先輩に呼び出しくらった話

  6. ワードプレスで1日でHP作り、かかったお金は・・・

  7. あの人は特別だからできるんだわ!と妬ましく思ったときに読みたい話

  8. 【無料】ブログが毎日書けるようになる10の法則