【感想】起業初心者の方にも凄く内容がわかりやすいです。

感想いただきました!セルフプロデュース講座

ズルいぐらい幸せになる仕事の作り方やまなかまりこです

今日は、先日のオンライン開催のセルフプロデュース講座の感想を紹介します!

このセミナーでは転勤族妻として起業という選択をした私。
引っ越し先で最短で自分の仕事を創り出すステップを講座にまとめています。

 

感想ここから

感想をくださったのは
幸田 ひろ美さん
参加した講座 : セルフプロデュース講座

講師の印象はどうでしたか?
面白い方だなと思いました。
そして、これからしていくことを映像として見せてくれる方です。

講座を受ける前の悩みは?
なぜ、集客ができないのか?
そして、何故講座が売れないのか?
と思ってました。

参加しての気づき
いきなりデート戦法してました。(笑)
物事には段階が必要だとは、
思ってましたがここまで細かくいるとは思ってませんでした。

納得することばかりで、
今しなければいけないことがわかり、即行動すると決めました。

参加を迷っている方にヒトコト
起業初心者の方にも凄く内容がわかりやすいです。
ビジョンが明確になりますよ。
お話してて、ワクワクしてきます

 

ザックリ過ぎるとお客様は買わない

このセルフプロデュース講座では
実際に私が東京や大阪で
お客様ゼロから仕事を作るときにしていたことも話しています。

それを聞くと、みなさん「ええーっ」と驚かれます。

物事には段階が必要だとは、
思ってましたがここまで細かくいるとは思ってませんでした。

納得することばかりで、
今しなければいけないことがわかり、即行動すると決めました。

と書いてくださっていますが
実は、うまく行かない人のパターンの一つが
「非常にざっくりしたプランで集客しようとしている」
これです。

そして、この方法は口コミも起きないし、
そもそも集客できないので
いつまでも実践的経験を積めない。
一番悪い循環になりやすいのです。

私は養成講座など資格取得までに学べることは
本来「仕事にする場合の5割程度」だと思っています。
つまり、「あとの5割は実践で学んでこそ理解できること」だと思っています。
だから、いい知識があれば売れるなんていうのは嘘です。

どれだけ実践を詰めたか?そして、そこから何を学べたか?
でその後いくら頂ける商品に発展させられるか?が変わると思っています。

高額のセミナーで
「とにかく高額商品を作りましょう」みたいなことをいう先生がいます。
で、ある意味それは正しいのですが
経験のない人が作る「高額セミナー」ほどしょぼいものはありません。
だって、本当に必要なものが分かってないのに作るようなものですから。
お客様をバカにしているにもほどがあります。

そんなのはレストランを経営したことのない人が作る
「売れるレストランの作り方」ぐらい危ないものなので絶対に勧めません。
誰も買わないだろー。
だから、そういう仕事のやり方をすすめるなんて言語道断!
まずはしっかりお客様に貢献できるだけの自分になるのが先。

資格をとったり、何かできるスキルがあるのならば
とにかくそれを実践で伝えていくためにあらゆる手を講じること。
そして、大雑把な仕組みではダメ!
そこを端折っている限り集まりません。

この「売る仕組み」は「経験を積む仕組み」でもあります。
だから、ここを考えること自体がすんごく大事な仕事なんです。

資格を取れば売れるなんて言うのは嘘です。
よく資格取得講座のガイダンスで
「実際にいくらぐらいの収入になりますか?」と聞かれますが
それはその人がどのぐらいちゃんと経験を積み、
フォローの仕組みまで作れるか?だと思います。

 

まとめ

「学ぶこと」は日本では受け身でもできること。
お金を出して「学びたいです!」と言えば相手が段取りしてくれます。

でも、その知識を相手に伝える側になったらもう受け身ではいられません。
来てくれるのを待つ
相手が見つけてくれるのを待つ
とりあえず学んでいれば集まる

なんていうのは
「白馬の王子様をお城の中から出ずに待つ」
ぐらいに受け身街道まっしぐらの働き方です。


ちゃんとお客様を幸せにするスキルとフォローの仕組みを
がっつり作ることはより自分の価値を高めてくれますよ~。

 

10セミナー仕事づくり toi600

 

 

 

関連記事

  1. もしも戻れるなら何才の夏?

  2. アウトプットをお金に換える方法-zoom活用編

  3. 横浜で見つけた!今月の「これ皆も読んで」と思ったのはこの本

  4. えっ?いま熱出すってなにさ

  5. 暗黒面に落ちていた時の私の話

  6. それ、仕事なの?趣味なの?働く自分のスタンス

  7. お母さんなんて嫌いだー!!!という人も・・・

  8. 【がーん】その結果、嫌われた・・・・と言う話