レッドオーシャンで戦うとこうなる

迷ったときの価格のつけ方

集まれ女性起業家グループやまなかまりこです

個人事業主になると
・何を売るか?
・いくらで売るか?
自分で決められます。

でも、
こんな時価格に迷いがち

・業界の値段が気になる(みんなはいくらなんだろう?)
・お客さんはいくらなら買えるだろう?
・これ高いかも?となんとなく不安(自信がない)
・安い方が売れるかなぁ?
・地方だし・・・・
・経験ないしなぁ・・・

こんな風に迷いだすとなかなか価格は決められません。
と同時に、この時
「いくらにするのか?」も大事なんだけれど
実はもっと大事なのが
「何をどう見せて売るか?」なのです。

 

需要と供給のバランス

私はつい数年前まで
ベビー系の教室をメインにやっていました。
ベビマもサインもとても人気でどこに行っても
あまりお客様に困ったことはありませんでした。
ちょっと違う切り口でやっていたので。

今、同じ講座を開講するとしたら
たぶん「ベビーマッサージ教室」という名前では
絶対にやらないなと思います。

なぜなら、やっている人が多すぎるから。

がーん、シリーズ

「ダイエット」とか「ヨガ」とか
「英会話」の講座をやろうと思ったら
その場合もたぶん「ダイエット教室」とか
「ヨガ教室」っていう名前ではやっぱりやらないと思います。

なぜなら、その名前でやってる人が死ぬほどいるから。

がーん、シリーズ

つまり、供給過多だなと思うコンテンツは
そのままで売ると確実にレッドオーシャンに飛び込むことになります。
レッドオーシャンに飛び込んだら最後
横並びの価格を気にするようになり
自分の売りたいものが売りたい値段で売れなくなります

 

今からやるなら・・・

特に私の場合は引っ越しで新しい地域に住みます
後発隊であることがほとんど
地域には自分より早く始めている先生たちがゴロゴロいます
そういう時にわざわざバッティングしそうなことをするのは不利なわけです。

だからそういう土俵では戦わない!
これが鉄則です。

そもそもおうち起業は広告宣伝費を
ばばーんと使って集めていく大手なんかとは集める仕組みが違います。

その中で、高い金額でいいコンテンツをたくさんの人に届けていこう!
と思ったらレッドオーシャンに飛び込んでは溺れ死んでしまうのです・・・

 

ポジショニング

先日、「自分メディアの作り方講座」を一緒にやる
大沢先生との打ち合わせでした。
そこで、
「女の人はポジショニングを考えるのが苦手だよね~」という話になりました。

確かに~
私たちは女性はそもそも
「好き」とか「自分のやりたい」を広げていく仕事の仕方をしたいもんね。
でも、それは諸刃の剣で
その「好き」や「自分のやりたい」が広すぎるとそれは問題

シリーズ

なぜかというと

・いまいち何やっているかわからない人になる
・そもそも見つけてもらいづらくなる
・金額の高いものを提案しにくくなる
・お客さんからすると違いがわかりづらい

と結局「好きなこと」に走ることで
「好きなこと」ができないならだめじゃんって話になります。

しかも、このポジショニングって
今日始めて効果がすぐ出るって類のものでもありません。
それだけに、すぐに結果がほしい!なんて人は
「あれ?これダメかな~」と迷走してしまいそう。

 

本当に絞れている?

この話はたくさんメニューを持っていてはダメって話ではないんです。
ただ、出会いの入り口として
来てくれるなら誰でもいいよ
なんて売り方は
お客様からも「どうでもいいよ」と思われちゃうよねっていう話。

みんな自分では「結構絞っている」っていうんです。
自分ではね
でも、ホットペッパーとかで飲み屋さん探すと
どれもちょっとずつは違うんだけど
なんかどれも同じように見えるじゃない?

ku

もちろん、どこのお店も
「うちの店はここが違うんだ!」っていうでしょうけど
お客さんからすると
「うーん、そんなに違わないかな??」って思ってしまう。

で、正直なところ
「そんなに違わないかな~」っておもったら
安い方選んじゃうよね。

だから、お客様からみて猛烈に
「この人でなくちゃ!!」って

思ってもらえるポジションが見つかれば
もう価格とかはある意味あんまり関係なくなります。

 

私たちの働きたい理由

わざわざこういうフリーの仕事を選んでいるってことは
既存の仕事にはない何か?を求めて働いているんだと思うんです。

「好きなことで幸せに働く」というと
なんか軽く聞こえるけれど

「絶対この知識やスキルでお客さんを幸せにする!」っていう覚悟は
大手の先生や男性にも負けないものがあると私は思っています。

だからこそ、
「レッドオーシャンで戦うなかれ!」なのです。
うまく行っている人を真似してどーするのよ。
とくにリアルで展開していく場合には
真似していて本家に勝てることは絶対にありません!

だから、私は引っ越したら
「ここのエリアではどの切り口でいこうかな~」を考えるのに一番時間を使っています。
そして、ちょっと違う切り口で開始するので
いつも誰ともかち合わずに楽しーくお客様集めができるんです。
ほとんどの方は、どの切り口も何も
「できること」「やりたいこと」で展開し始めちゃうんだと思います。
この実例は、ちょっと複雑な話で図解しないと説明できないので
セルフプロデュース講座でしてます。
聞きにきてねー。

この話の続きはセルフプロデュース講座で!
self、セルフ

 

10セミナー仕事づくり toi600

 

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 仕事がうまく行かないのは●●が分かっていなかったからだった!

  2. 「いい先生」って違うんです

  3. 転勤族で大変なのは・・・・

  4. 準備の男「プール開きがやってきた」の巻

  5. 物干しざおを11本持つ謎の女

  6. 時間を上手く使えたらなと時間特集の雑誌なども読んだりしたことがあります…

  7. チリツモアイディア100完成!

  8. 頭を柔らかく「考える」のコツ!