主婦の私は休んじゃいけないの?罪悪感と戦う母たちへ

休日の概念 時間マネージメントコーチの山中真理子です。 今日はズルいぐらい幸せになる「時間の磨き方」 ある素敵な方が 休日は土日だから取るんじゃなくて 自分の取りたい日に自分のために取る というようなことを書いていた。 家族にとっては休日でも 三食作ったり スポーツしている子どもを送迎したり 炎天下でお茶当番したり、応援したり、 出掛けて帰ってきても掃除や洗濯たたみがまっていたり お母さんにとっては、 ただ会社にいかない日というだけ。 休んでいるか?というと めっちゃ、動いてるじゃんという気もする。 だから、私は平日に休みを取ります。 時間が空いたら、休もう!とかでなく もうね、手帳にハナマル印をつけて休みますからね。 そのために、土日でも必要とあらば 普通に事務仕事を片付けていたりします。 夜に講座やったりすることも。 つまり、土日は「お母さんとして働く」&「できる仕事を済ませる日」としています。 そして平日に代休をゆーーーくり取るわけです。 会社員の人だって、子どもがあまり病気しない年齢になったら有給取れるはず。 それは男性でも同じ。 外国人からすると、休みをちゃんと取らない日本人は謎みたいだよー。 罪悪感と戦わなくていい 仕事もやって、 家のこともちゃんとやっていたら 休むことに罪悪感なんてもたなくていいんです。 人のリア充投稿を「ウザっ」て感じている人 「それ、自慢かぁ?」と舌打ちしたくなる人 休日にゴロゴロしている夫に飛び蹴りしたくなる人 私ばっかり大変!!って思う人は 誰かにむかついているんじゃなくて 単に自分のエネルギーチャージが足りないんだと思う。 足りてる人は 「へー、楽しそう、よかったね」って思うはずだもん。 そして大人になったらそういう 自分との付き合い方を決めるのも時間マネージメントなんです。 横浜お勧めのんびりルートは別記事にアップしますね!  今日のヒント さあー、ガンガン働いて 休日もとろーよ母たち 満たせよ、ジブン   *これまでの記事を読みたい方、忙しい方は ...
2017年6月5日0 DownloadsDownload