昔話って時々過激だよね!

横浜・湘南子連れママグループママスクのやまなかまりこです

学校の読み聞かせに行ってきました。

この読み聞かせボランティアをやっている人は本好きな方も多くて、

前後にお互いに読む本を見せあったり、話していて面白いのです。
20160623_142659.jpg

今日は、昔話ってよくよく考えると結構極端なことやってるよねという話になりました。

結構ギリギリの線だったり・・・・

寝ている白雪姫に地位のあるイケメン王子なら勝手にキスしていいのか?とか
→自分でイケメンだから許されるって思ってたらやだね

 

ヘンゼルとグレーテルが人食いばあちゃんを殺したのは正当防衛か?
→まあ、監禁されてたもんな、コワッ

とか、よくよく考えて人物を現代の人間に置き換えるとなんかすごい話だよねと。

でも、何でもパッピーエンドもなぁ・・・・・

ディズニーのリトルマーメードのハッピーエンドってどうなの?って話にもなりました。

 

目には目を?

三びきのこぶたも実はいろんなバージョンがあって、狼は逃げるだけの話もあるのよね。
ちゃんと悪いやつが死んだ方が子どもは怯えないで済むって意見も読んだことあるな。

そうそう、調べたら自分で記事にしていました!
「昔話の残虐性について」

今でも何か悪いことをした人には

暴力には暴力で対処していいのか?
→猿かに合戦みたいに目には目をみたいな話多いよね

って話は倫理観問われる問題よね~。

まっ
昔話はそういう意味では教訓的なものだから、

現実とは分けて考えないといけないなとは思うよね。

で、話していたこの昔話裁判がなかなか面白いのでリンクしときます。

NHK昔話裁判

http://www.nhk.or.jp/sougou/houtei/origin/about/

 

 

ママスクメール300 ママすけ300

toi600

 

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 赤ちゃんともちでわかるうちの子の褒め方しかり方

  2. 数字が読めなくても子どもに時間を意識してもらう方法

  3. それ、セコいなー

  4. 旦那の年収を抜かしてやる!とたくらむ女たち

  5. 怒られた旦那の話

  6. デブな蝶は飛べないで死ぬ

  7. 着る服がない!の処方箋

  8. 効率化の順番を間違えるととんでもないことになる

  9. キングコング西野 亮廣さんのお金がなくてもお金を作る方法

えっ!これ無料なの? ↓集客に役立つ無料メール講座はこちら↓

時間マネージメントBLOG

test
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス


カテゴリー

  1. 2019.05.18

    しんどい5月病対策!意志が弱い私がやっている「やる気を持…

  2. 2019.05.13

    スキルアップほど危険なものはない理由

  3. 2019.05.09

    <感想>集客のしくみがよくわかっていませんでした。。

  4. 2019.05.08

    子どもが小さい時のリアルな一日を公開!教室経営者のスケジ…

  5. 2019.05.07

    感想:今から起業、ビジネスを始めようと考えている人はぜひ…

error: Content is protected !!