「たら」「れば」言ってると腐るからね

ズルいぐらい幸せになる個性の磨き方やまなかまりこです

最近読んでいる漫画「東京タラレバ娘」
30代独身女子の心をエグると噂のこの漫画。

でも、
「結婚している」「していない」は関係なくて
いつだって「たら」「れば」いいがちだよなぁと思いながら読んでいます。

子どもがもっと大きくなれば
とか
もっと私が若かったら
とか
時間やお金があれば
とか

何かをやらないことを選んでいるのは自分なのに
「たら」「れば」言ったりするわけです。

wp-1482475221124.png
「たら」と「れば」は今の現状や過去に対する嘆きが大半。

特に、過去に対する
「もっとこうしていれば」
「あれをやっていたら」
これはもう起こった事実に対する「たら」「れば」なので

昔話まじりなわけです。

だから、未来に向けて
「たら」「れば」を使うなら

もっとこうしたら
とか
これをやれば

と前向きな「たら」「れば」を使かなくっちゃねと思う今日この頃です。


それにしても
この漫画の「タラちゃん」と「レバちゃん」の掛け合いは絶妙!
辛口なんだけど、もっともなことを言っていて面白いの。
そういえば、1月からドラマにもなるってね。

<関連記事>
「けど」はやりたいを叶えない
再就職したいA子さんの話

時間サイドバーばな チリツモ100 toi600

 

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. いつかまた働きたい!

  2. 使うものは使うところにー夏の帽子の保管

  3. イイコトいっぱいの誕生日

  4. ●●●できる女が世界を制す

  5. 大仏にて!鎌倉散策にてへこたれ動画撮影

  6. 干からび女の食卓

  7. 自分メンテナンスDAYー自分を元気にする時間術

  8. 【無料シェア】ISD個性心理学インストラクター向け