働くことに罪悪感は持たなくていい

夏とプールと私の想い出

夏になるといつも自分の子供時代を思い出します。
我が家は小さな町工場だったので両親は納期に追われて働きづめ。
日曜ですら、父は昼ぐらいまではほぼ毎週働いていたぐらいです。

そんな忙しい我が家の夏休みはお盆の2日ぐらいでした。
皆で埼玉のでっかいプールまで
大きなクーラーボックスを父が抱えて
私たちは服の下に水着を着て電車とバスを乗り継いでいくのです。

我が家のマイカーは軽トラック。
荷物は積めるけど、4人は乗れないので移動は公共交通機関。
プールで遊んだ帰りなんかはもう足が重たくて重たくて。
そして、なぜだか毎年、そのプールにいくと翌日家族全員結膜炎になるのです。
しばらくみんなで目を赤くして夏を過ごすというのが夏の我が家の風物詩でした。
小さい頃のアルバムを見ると家族写真は毎年のプールの時のものばかり。
だから、私の夏の思い出と言えば、プールと結膜炎なんです。

そんな夏のプールも行かなくなったのは私が中学生ぐらいになったころでしょうか?
部活などで忙しくなり、家族でプールに行くこともなくなりました。

あれから20年

あれから20年以上がたち、
今年はお台場の海にみんなで水遊びに行きました。
甥っ子や姪っ子がパチャパチャやっている姿を見て
ああ、親はこんな風にほほえましく
子どもの遊ぶ姿を見ていたんだなぁとしみじみ思います。

両親は町工場を辞めるまでものすごく忙しかったので
うちの子が小さかったときはまだ
こんな風に一緒に出かける余裕はあまりありませんでした。

私たちも転勤で地方にいたしね。

妹はフルタイムで働いていたり、
年子で子どもを産んでいるので
熱が出た、
今日は会社の集まりがある
旅行にいくなどと言っては両親をよく頼っています。
だから時々そういう姿をみて羨ましいなぁと思います。

子育ても、転勤で地方にいた私は
全く知らない土地で0から仕事や友達を作ってなんとか乗り切ってきた。

でも、ある面ではそういうのはもう自分の生き方なのだと思います。
別にかわいそうでもないし、
私が選んだ結婚相手だし、
そのおかげで今こういう仕事もできるしね。

そして、振り返ってみれば
いつも一生懸命働いている両親から沢山のことを学んだのです。

・納期は守ること
・仕事は丁寧にすること
・だけどスピードも大事にすること
・なにより一生懸命にまじめにやること
・自分でできることは自分でやること

そういう仕事に対する姿勢は今、とても役に立っているなぁと思います。
こういうことは自分が子供だった頃は気が付いていなかった。
他のお父さんみたいにパリッとスーツで会社に行くのではなく
暑い工場で油で手や体を汚しながら働いていた父。

そんな父をカッコイイとは思えないときもありました。

でも、自分が働くようになり、
人生で時々うまく行かない時や
どうも体調が悪い日なんかには
父や母のすごさが分かるのです。

そして、かっこいいなぁと思うのです。

忙しくてあんまり子供を遊びに連れて行ってあげられなかった。
とか
パパが仕事で忙しく私ばっかり子供の世話で大変!
とか
土日も、家事や買い出しでなかなかゆっくり子どもと過ごせない週末もあるでしょう。

働いているいないに関わらず
妊娠中や体調が悪くて
子どもにまとわりつかれてイラついたりすることもあるはず。

でも、親ができることは子どもをどこかに連れて行ってあげたり
いつでも優しくすることだけではないはずです。

・生きることを見せること
・家のことでも、自分がすべきことをちゃんとする姿を見せたり
・仕事をしている人は変なうしろめたさは持たずに仕事に誠実であること
・良いことと悪いことをちゃんと教えること

そういうのを子どもはきっと見ているのだと思います。

今、すべてを理解されなくてもいい。
きっと大人になったときに

「ああ、うちの親はかっこよかったな」と思うはずだから。

 

ママスクメール300ママすけ300

toi600

 

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. PCお役立ち記事をまとめました

  2. えっ、まじ?無人島にそれ持っていくの?

  3. 10秒でQRコードを作る方法

  4. 【感想】集客方法が全くわからず、方法を探し続ける毎日を送っていました

  5. 中辛、辛口がお好きな方のための記事一覧

  6. ママスク表紙モデルコンテスト

  7. 今年もパパママ講座のご依頼いただきました@神奈川、藤沢

  8. 平塚七夕まつり2016