ブログは毎日書いた方がいいの?

ブログは毎日書いた方がいいの?

ズルいぐらい幸せになる仕事の作り方やまなかまりこです

時々「ブログって毎日書いた方がいいですかね?」と
講師業で仕事のためにブログを書いている人に聞かれることがあります

こういう時、私は
「働いていた時や学生時代、お休みしがちでしたか?」と聞くようにしています。

そうするとほとんどの人は
「いえ、ちゃんと学校(会社)に行っていました」というんですね。

まあ、そうですよね
学校の先生や会社の上司に
「明日、来たほうがいいですか?」とか
「明日も勉強した方(仕事した方)がいいですかね?」聞かないですよね。

つまり、「毎日ブログを書いた方がいいか?」と聞かれたら
「そりゃ書いた方がいいよね、仕事ならね!」ということ。

ただ、
趣味のブログや
ブログ以外の方法で集客しているとか(カルチャーセンター専門)
本業が別にあって特にそこまで集客にこだわっていない
というなら話は別ですが。

仮に書かないなら何をするのですか?

同時に、不思議なのが
「仮に、ブログを書かないとしたら代わりに何をするつもりですか?」ということ。

ブログよりもよりやるべき仕事があるなら、
ブログを後回しにするというのも納得な話。

それに、もう今までブログをたくさん書いてきた!という場合で
「毎日レッスンや講座があってお客様が沢山いる」というなら話は別。

でも、大抵この質問をしてくる人は
ブログも書かないし (本人は書けないという言い方をする)
ブログ以外にも別に何もしていない人が多いんだよな~。

で、そりゃ集まらないだろうな~と思います。
集めてないもんね。そもそも。

いつも書いている通り
バイトしてないのにバイト代は入らないんだってこと。

ブログも書かないし、
他に何もしないならどうやってお客様と出会い、役に立てるんでしょうね~

 

ブログは何のために書くの?

ブログ集客を押している人は日に3~5記事をアップせよ!
と生徒さんたちに言うそうです。


スクールに入っている時は

「先生、ついていきます!」という感じで書いていた生徒さんたちも
卒業してお尻を叩いてくれる人がいなくなると突然、
「もう書きたくない!」となってしまいます。

そして、こういう「ブログをとにかく書け方式」
の教え方をしているコンサルの人は男性と独身または子どものいない女性が多いです。
確かにブログを書くことは大事なのですが、一番大事なのはその「目的」

数をアップすることばかりに一生懸命になると
全然関係ない記事が増えていったり
結果として「ん???」ということになります。
そして、あまりその目的を教えずにとにかく書け!と教わっていたりしてびっくりします。

でも、その理由をちゃんと理解していないから
書けなくなっていく気もします。

「毎日ブログを書いた方がいいか?」と聞かれたら
「そりゃ書いた方がいいよね、仕事ならね!」でもその書く目的をちゃんと把握しておこう。

この記事につづく・・・

ブログは何のために書くのか?シリーズまとめ

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 【感想】何をどんな順でやったらいいのか迷って動けない

  2. 【無料シェア】ISD個性心理学インストラクター向け

  3. 本気でやって成功できないわけないよな―【WORK】

  4. エヴェレストの覚悟-仕事と子育てと葛藤

  5. 5分でアマゾンで中古品を売る方法-古本もカンタン出品可能

  6. 「学び」を「お金」にかえる勉強

  7. 専門店って誤解しないでくださいね

  8. 育休ママの交流会でここだけの話をアレコレ