パティシェが言っていた美味しさの秘密に売れる秘密があった!

美味しさのヒミツ

めんどくさくて、さらに難しいことはある。
でも、難しいわけではないけど、めんどくさいこともある。

例えば、オニオングラタンスープを作るときに
玉ねぎを炒め続ける時とかは割と後者ではないだろうか。

と、この前の事務作業日に
渡辺 あつ子さんが我々のために焦がさないように慎重に
玉ねぎを炒めまくってるのを見てて思った。
「めんどくさいけど、ちゃんとやると旨いんだよね~」と言っていました。

そうなのですよ!
たいして炒めなくても玉ねぎスープはできるけど、
オニオングラタンスープにするならやっぱり炒めるのを怠るとトロっと具合が違う。
めんどくさいだけのことはあるのです。

パティシエも言っていた

この前、お菓子のレシピ本を出した有名なパティシエがこんな風に言っていた。
「私と同じぐらいのスキルがあるヒトならこのレシピを忠実に作れば同じ味が再現できます」と。

そんなの、当たり前じゃん!と思ったんだけど・・・

意外とスキルもない素人のクセに
レシピを簡略化しちゃったり、
材料を変えたり(だってバターの量が!!)
めんどくさいとどこかを飛ばしたりしてるね、自分。

→だから、私のシュークリームは膨らまないとかあるんだよなぁ!

大事だからレシピにある。
美味しいのを作るために必要だから載せてあるんだよな。
そして、プロのかき混ぜるはきっと素人のそれとは違うのだろうし
ただでさえスキルが違うのに、レシピすら端折ってしまってはダメなのですね。


ここが売れるの違いなのか!

これは仕事も同じで
10やり方を伝えて
じゃあ、まずは10やろうとする人と
なんか勝手に抜粋して1とか2試して
うまくいかなーい!と諦める人がいる。

大抵こういう人が抜かすのは、
・難しいこと
・やったことがないこと
・単にめんどくさいこと

あるいは
・お金がかかること

ほらレシピでも高価な食材は勝手に端折ってしまうのと同じ。
でも、やっぱりどれも必要だから
載せてるステップなので10ちゃんとやってはじめて成果が出る。

まずはレシピを飛ばさないでやるっていう当たり前が成功を作るんだよな。
確かにお店で売っているものが毎日味が違っていたら困るもん。
当たり前のおいしさは基本に忠実であることからスタートなんでしょうね。

まとめ

・できている人のレシピ(教えてくれた仕事のやり方)には忠実に従ってみよう
・やったことがないことは、今までやらなかったのが問題なのだからそこを飛ばすのはやめよう
・スキルは常に磨き続けよ

精進します!!

 

 

kigyouyoko1

10セミナー仕事づくり toi600

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 新プロジェクト秘密準備中~

  2. 大人になってからのファッションの楽しみ方

  3. えっ?毎朝4時半起きなのに!!!!

  4. 平均毎日11回は使うアレ

  5. そういう時は単純に何かアクションを起こせばいい

  6. ブログが書けない、まとまらないあなたへ!ブログ記事は●●ゲームと同じだ…

  7. WIFIが使えるカフェ@横浜編

  8. あなたのその不安、原因は●●●過剰か●●不足じゃないの?