ビジネスは●●が多いほど成功するってつまりこういうことです!

ビジネスのコミュニケーション力

時間マネージメントコーチの山中真理子です。
今日はズルいぐらい幸せになる「仕事の作り方」

ビジネスの「ティーアップ」って、知っていますか?
ティーアップとは元々はゴルフの用語なんだそう。
各ホールの打ち出しで、ティーにボールをのせること。
つまり、ボールをちょっと上げることを言うそうです。

ビジネスでいうところの意味は
相手のイイトコロを上手にちょっと持ち上げて他者に紹介すること。
(持ち上げるけど事実であることが大事!)

ビジネスで味方が多いほど成功する!というのは
いい仕事をして、(これは絶対条件)
さらに

ティーアップをお互いに効果的にできる仲間が多いほど
紹介や口コミが起きやすいってこと。

仕事がうまく行っている人ほど、
人と人をつなげたり、
他人やその人の商品を「ティーアップ」するのが上手だと思います。

 

紹介するときも・・・・

例えば、誰かに人を紹介するときに

ただ「こちらはAさんです」と言うのではなく

「Aさんは、こういうことがとても得意で、こんな実績をお持ちなんですよ」
「Aさんはプロ意識が高く、私は一緒に仕事していてこんなことをいつも学ばせてもらっています」
「Aさんはこの世界では非常に有名な方で、全国にファンも多いんですよ」
「Aさんはこんな賞を取ったすごい方なんですよ」

などなど
自分の言葉で相手のイイトコロを表現する。
これ、Aさんも、Aさんを紹介された方も次の会話のきっかけになるしいいですよね!

お見合いの仲人さんもまさにこういう感じ。
本人が言いづらい「イイトコロ」を代わりにお相手に宣伝してくれるはず。


うまくティーアップできる人は

効果的なティーアップができる人は

・紹介する人同士が仲良くなれそうな共通点を見つけるのが得意
・紹介したときに、お互いにメリットがあると思えるような情報を伝えるのが得意
・その人が自分では言いにくい「イイトコロ」を代わりに伝えるのが得意

そして

・上記を自分の言葉で表現できる人!

と言えると思います。

Aさんが自分で「私はこういうところがすごいんだ!」
というよりもずっと自然にそのことが相手に伝わるので

Aさんにも喜ばれる紹介の仕方と言えるでしょう。
→自分で言うとなんか自慢ぽいしなー

私は他の講師の方とコラボで一緒に講座をすることがあります。
打ち合わせでは、単に講座内容だけを打ち合わせるのではありません。

・紹介の時にお付けする肩書やキャッチフレーズはあるか?
・講演などの場合は紹介するプロフィールなど
・このイベント後にお誘いしたいイベントや、チラシなどがあるか?
・私の方から振った方がよい話はあるか?
・ブログではどの程度、講座内容を書いても大丈夫か?
・ブログで紹介する場合にどのURLをリンクしたらいいのか?(これは講座後でも)

なども聞いておきます。

これは単に講師の先生のためだけではなくて
講座の参加者にとっても
「ちゃんとした人から話が聞けるんだ!」
期待や参加者の聞く耳を開かせる効果もあります。

仕事の場合は、ある程度その先生の希望というものがあります。
自分の言葉で伝えたほうがいい場合と
こういう風に紹介してほしいと指定がある場合がありますので確認が必要ですね。
お呼びする方のブログや著書などはもちろんある程度目を通します。
近年の活動や今、力を入れていることは把握しておきたいものです。


また、著書の宣伝も兼ねていたり、
プロモーション的に安く来ていただいている時には
終わった後に開催報告をブログにも書くのはもちろん、
講座内でもきちんと宣伝タイムを時間に入れたり
好意的なコメントを自分からも付け加えたりすることも大事。
例えば、「私はこの本のここがよかったと思いました!」など。

自分の準備もしておくこと

自分が講師としていく場合にはこういうことを聞かれるかも!
と想定して用意しておくと司会の方や主催者側に喜ばれるということ。

こういうティーアップはリアルでの紹介にとどまりません。
いい講座に参加したときに感想を自分のブログで紹介する
というのもその先生をティーアップすることになるので喜ばれます。

第三者からのお墨付きや感想を読んでその講師や講座に興味を持つ人も多いからです。

ここで大事なのは、リアルの時と同様に嘘は書かないということ。
ちゃんといいと思ったことをきちんと書くことだと思います。



時々あるご縁をつぶすNG残念パターン

・気に入った素敵な方をブログや投稿で紹介したのにリンクしていなかった
(リンクしてもらえると喜ぶ人はたくさんいますよ。せっかく書いたのに残念)

・参加した講座の感想を書いたのに書いたことを伝えていなかった
(伝えるとその先生のブログで紹介してくれたりもしますよね)

・その方の講座内容をほとんどネタバレ状態でブログ上で公開してしまう
(これは講師の方にすごく嫌われるのでやめましょう)

・ブログ、SNSなどにその講座をボロクソに悪く書く
(これは敵を作るので、文句があるなら当人にメールすればよし)

・受けた講座を丸パクリして開講してしまう
(養成講座以外の場合でこれをやると感じ悪ーい)

・何かを質問して善意でアドバイスを頂いたのにちっともやらない
(こういう時にちゃんとやるのは大事なこと。
次に会った時にやってみて気が付いたことや
うまく行った点を話すとまた良いアドバイスがもらえることが多いです)

・紹介者の顔をつぶすようなことをしてしまう
(紹介でいただいた仕事で遅刻や大ポカをするとか)

・講師をおよびする主催者側なのに意識が低い
(主催者側の時は講座の様子を写真にとったり、
空調を気にしたり、
いい質問を講師にして場を盛り上げたり
講師が進めやすいようにサポートするのも仕事。
それなのにボーッと参加者気分で座っていたりするのは役立たず)

で、ここまで読んで
「ふーん」とか
「当たり前じゃん」と思った人も
自分の行動を思い返してみると
自分がめんどくさがったことでチャンスをつぶしていることがあるのでは?

ご縁を育てていこう!

人脈が大事みたいなことをブログや本で書いている人は多いですよね。
それは単に沢山の人と名刺交換すればOk!
みたいな単純な話ではなくて
ちゃんとご縁を育てられるか?ということなんでしょーね!
そして、絶対条件として
「この人ならお客様に紹介しても安心」という仕事ぶりといでたちであること!

さあ、今日もがんばってはたらこー!

kigyouyoko1

10セミナー仕事づくり toi600

 

 

 



関連記事

  1. 責任は取りたくないがお金はほしい?

  2. 大阪の商いのおきて!ビジネスに活かせるコツがここにあった

  3. 各駅停車でも前に進んでるのが大事

  4. アメブロの便利機能をこんな風に使ってみては?文末複製のアイディア

  5. 【講師特典用】資金力がないだって!?そりゃ、大変だ

  6. 函館の密会

  7. 新プロジェクト秘密準備中~

  8. 「やらない」という選択肢