お母さんの卒業

ズルいぐらい幸せになる個性の磨き方やまなかまりこです

フェイスブックでは
ここ数日、卒園や卒業の投稿がいっぱい。
最近は袴も結構人気なのですね。

息子たちは今年はどちらも在校生として式に参加する方なので、
「よびかけ」がどうとか、
歌がどうとか、ブーブーいっております。

こういう式って、実は子供自身だけじゃなく親にとっても大事な区切り。

それは
園への送り迎えからの卒業だったり
お弁当づくりからの卒業だったり
受験生のサポートからの卒業だったり
習い事のお茶当番からの卒業だったり

だから、お母さんは子供の巣立つ姿をみながら
この数年間の自分のがんばりも誇りに思ったらいい。

一体なん時間お弁当づくりに費やしたのだろう?
一体、何度園に送り迎えしたのだろう
と考えるとすごいよね自分と思うはず。

fb_img_1461459231461.jpg

自分が子供だったときはひとりで大きくなったつもりで生意気いってたけど、
自分が親になると
親は心配したり、
世話やいたり、
なんだかんだ「子供のため」って頑張る生き物なんだ!って分かったもん。

大きくなった子供をみながら
大きくした自分にも
おめでとう!なのです。

自分の時間も振りかえって頑張った自分を認める
これも人生を楽しく生きる時間術

みんな、卒業おめでとう!

時間サイドバーばな チリツモ100 toi600

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. いや、普通に自分の怠慢でしょ。それ。

  2. 準備の男「プール開きがやってきた」の巻

  3. 11月の時間マネージメント講座

  4. 保護中: ワードプレスで作る会員制サイトへの道のり

  5. ママ起業家が迷いがちな「その仕事やる?やらない?」の選択

  6. 極寒のワカサギ釣りで思うこと

  7. 平塚七夕まつり2016

  8. 【募集中】ママスク東京講師