自宅サロンでも「看板」は必要?おうちサロンの集客力アップ

整体・エステ・鍼灸院、サロンあれこれ

ズルいぐらい幸せになる仕事の作り方やまなかまりこです

今日はサロンの看板の話なんですが・・・・
私が通っているところの話を少し例として書きますね。

わたしは最近、パソコンワークが多くなって
肩こりするようになりました。
前は定期的にエクササイズを教えていたので体を動かしていたんですけどねー。
月に一回はリンパをググッと流してもらいに行っています。


↑すっぴんでいくから、帽子とサングラスは必須なのだ!

今行っているところは担当のお姉さまがすごく上手なので大好きなのですが
初回に申し込みしたときに自動返信メールに部屋番号の連絡がなくて超焦りました。
前日に予約したので、夜遅くで電話しても出ないだろうなぁ
どうしよう!!となったわけです。

不思議なことに、HPにもマンション名まではあるのに部屋番号がない!

私こう見えてもかなりのGoogle検索マニアなので
調べまくり、やっとのことで別のクーポンサイトで部屋番号を見つけたのでした。
まあ、当日の朝、
近くから電話したら教えてくれたと思うんですけど

私、心配性なので調べておきたいじゃないですか!

しかも、エレベーターを降りた後も
玄関に花の飾りが下がっているだけ。
屋号が書いてあるわけではないのでちょっと心配になりながらピンポーン。
ここは個人運営なわけではないので
たぶんオーナーさんがそういうのを心配しないタイプの人なんでしょうね。

個人のサロンでも

個人のサロンでもやっぱり知らない部屋をピンポーンとするのは緊張するもの。
これはサロンに限らず個人運営の教室も同じ。

名前を玄関にかけておくか
屋号をプリントした看板的なものはやはり出しておいてほしいなぁと思うのでした。

ちょうどミンネを見ていたら
今どきは器用な人がハンドメイドの看板も格安で出品していました。
オーダーで作ってもらえるのだからいいよね。

「サロン」「看板」「ハンドメイド」「オーダー」とかそのあたりで予算を入れてみるとよいかと。
あとは素材を「ガラス」「木」とか入れてみるとかね。
サロンのイメージによって「アンティーク」とかそういう指定をしてもいいよね。

手作りが得意な人は自分で作るという方法もありますね。
ただ、やはりサロンのイメージもあります。
あんまりにもハンドメイド感や

ダサさがあるとそれはそれでまずいと思うんです。
お仕事だしさ!
だから、自作にこだわらずにオーダーも検討してみましょう。

まとめ

個人のサロン、おうちサロンでも看板は必要は
これは行く側からすると「YES!」
中には内緒でサロンをやっている人もいると思うのですが
それでも、シンプルなのでもいいから
お客様が来店される日には
ミニ看板はあってほしいなぁと思います。


それと・・・ご自宅で
「別に看板出しても大丈夫!」という場合。
もっと大きな看板をドドンと出した方がいいと思います。

ほら、ピアノ教室の看板とか出ているうちがあるでしょう。

やはりそういう看板って目立ちますから!

看板を出すメリット
・来店されるお客様が安心
・大きな看板であれば目立ち集客につながる
・近隣の人に店の存在を知ってもらえる
→看板の横にチラシを置いているお店も多いですね。

サロン、整体、マッサージなどは競合するお店もかなり多い!
施術の腕とリピートされる仕組みづくりがかなり重要。

でも、サロン業はお客様が付くと
安定し、
高額のメニューが作れたり、
物販なども絡めやすい!
実は仕事が軌道に乗れば店舗を持つところまで発展する可能性が高いんです。

それだけに、看板というお店の顔はちゃんとしておかないとね!ということです。

教室もサロンも基本のステップは同じ!
10日間メール読んでみてね↓

10セミナー仕事づくり toi600

 

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 【9月夜追加】知識をお金に変えるセミナー動画の作り方!

  2. 自由が丘でカメラ習い始めます~

  3. 大阪のプリンセスの幸せの秘訣は?

  4. 【感想】時間があるのに仕事が終わらない!

  5. 起業1,2年目に陥りやすいこのパターンを抜け出せ!

  6. 【開催レポ】「ママと子の子育て相性学」講演会

  7. 質問丸投げ、デキない後輩、社員に困ったら読ませたい記事

  8. 【実録】兄の机、弟の机―兄弟の違い編