こんなコンサルやコーチに騙されないで!自分に合うサポートを見つける7つのポイント

ビックリな本当の話

ズルいぐらい幸せになる仕事の作り方やまなかまりこです

先日こんな話を聞きました。

ある方は
男性の講師のウン万円の講座を受講しました。
でも、質問しても返事がなかなか来ず、
そのくせFBで自分の投稿はしていて自分が後回しにされている感じがしてほんとに腹が立った。

ある方は
コーチングの先生にウン万円も払ったのに
マインドの話ばかりで講座の売り方も、具体的な方法も相談に載ってもらえない。
かなりがっかり・・・

ある方は
高額の講座に出たら、なぜか
チームの他のメンバーの講座をシェアすることを強要され、
遠方の講座にまで駆り出される。
自分の仕事がちっともできない。
自分の講座の時もそうやってみんなが来てくれるのかもしれないけれど
講座を卒業した後はどうなるんだろう?と不安。
仲間うちでお金を使い合っているだけな気がする。

ある方は
男性講師の方で質問のメールをするとちゃんと講座で聞いていなかったのか!と怒られる。
私の言う通りにすれば間違いないと言うが、
大して教えてくれないのでできるようになっている気がしない。
やりたいことを言うと、「それは売れない」とダメだしされて凹む。

 

心強い伴走者の存在

うーむ、困りましたね。

24時間テレビのマラソンをタレントさんと走ってきた坂本雄次トレーナーを思い出してください。
きついとき、迷ったとき、
アドバイスをくれる人、
伴走してくれる人の存在ってとてもありがたいですよね。
だから、起業においてもそういう人を付けて頑張ることはそれはそれでいいと思っています。

その一方で、
大して経験もなく、女性やママを集めた経験もないのにコンサルをしている男性や
やたらと高額なわりにはマインドや根性論でとにかく頑張れしか言わない人もいるようです。

そこで、今日は誰かに伴走(コンサルやサポート)を依頼する前に考えるべきことを書きます。
自分と合った人を見つけるポイントを主観を交えて書いてみます。

 

1、自分が求めているのは何なのか?ハッキリさせる

聞いて励ましてくれる人が欲しい場合
モチベーションアップや承認が目的なら基本傾聴してくれる人がお勧め。
コーチングは自発的な行動を促すコミュニケーション技法なのでコーチングもいいかも。

知恵やアイディアなど具体的な方法の相談をしたい場合
一緒に考えてくれる人がお勧め(一概には言えないがコーチングはちょっと違うかな)
実際に自分が集めたい対象の人を集めたことのある人が一番よい。
ママならママを集めたことのある人。
教室運営なら教室運営をしたことのある人。
サロン経営ならサロン業経験者。
頭の回転が早く、アイディアが豊富な人がよい。
自分とは違った視点や発想を持っている人。

手を借りたい人
今はマッチングサイトもあるので、ピンポイントで外注可能。
例えば「ロゴだけを作って欲しい」などハッキリしていれば見つけやすい。
ちょっとだけ手を借りるならそれで事足りるでしょう。
これもセンスや仕事の早い遅いがあるのでいい人を見つけたら色々お願いできて助けになるはずです。

ホームページの作成レベルになると30~100万はかかります。
これもセンスや対応、フォロー、メンテナンス料についてきちんと聞いてから契約すること。
多くのコンサルやコーチはセッションが中心なので物理的な助けはないと思ってください。
基本自分でやってねという場合が多いです。
→私がまりこの手でやっているサポートは異例なのです。大変すぎるのでみんなやりたがらない

組織や協会、会社など大きな仕組みを作りたい場合
経験のある男性がお勧め。
男性は組織運営を考えるのが得意な人が多いです。
ただし、女性でもできる人はいるはず。

 

2、性別を考える

2、性別を考える
これも、色々ありますけどざっとまとめると・・・
男性相手の方が燃える人(いい所見せたい的な)は男性がお勧め。
男性だと萎縮してしまう人、話しやすい人がいい場合は女性がお勧め。
個人的な意見では女性を集客したい場合はなんだかんだで女性がいいと思う。

ママを集客する場合はママの方が子育てしながら仕事するという面でも理解しあえるかと。
ただし、あまりに甘くても自分の目標を達成できるのか?疑問です。
自分が「お尻を叩いてほしい系か?」「見守ってほしい系か?」など何を求めているのかにもよります。

 

3、センス

3、センス
その人のHPやブログ、写真など何かしら
「好きだなこのセンス」「いいな」と思えるところのある人を選ぶこと。

男性と女性はそもそも「素敵」と思うものが全然違います。
プロフィール写真も自分のお客様の対象が女性ならカメラマンは男性でもいいが、写真選びは女性の目が必要。

男性コンサルの場合は
「女の人ってこういうの好きでしょう」という思い込みがあって、
ちょっと勘違いが入ることも。
女性が対象なら自分の感覚も信じること。
ただし、男性が対象のビジネスなら大いに男性目線でのアドバイスをもらおう。

4、相性

4、相性
どんな人でも相性はあります。
スキルは高いけど話が通じないのでは困ります。
リスペクトしあえる人で、自分が大切に思う仕事を同じように大切に思ってくれる人がいいでしょう。
知りたいところをズバッと教えてくれる人がお勧めです。

5、レスポンス

5レスポンス
さすがに土日まですぐに返事しろ!とはいかないまでもちゃんと返事をくれる人にしましょう。
お客さんをやたらと取っている人は正直手一杯で聞かないと何も教えてくれないようです。
放っておかれたくない人は、あまりに人気の先生はどうなんだろうと考えてみるのも大事。
人気の先生=いい先生
ではなく、自分に合う先生を見つけてください。

 

6、レベル

6レベル
起業したばかりの人もいれば、もう何年も活動している人もいるはず。
またPC操作についてもかなり個人差があります。
バカにしたりせずに、自分のレベルに合わせて丁寧に教えてくれる人がいいでしょう。
専門用語を当たり前のように使ってくる人の場合は恐れずに質問し答えてくれる人がいいはず。

例えや実例など自分にわかりやすく伝えるスキルのある人がお勧め。
ただ、なんでも聞くのではなくもちろん自分で調べる癖も付けること。

7、数字ばかりに注目しない

7実績
「卒業生は1か月で100万円を達成」なんて突然大きな数字が並んだら
「すごい!」と思うよりも「胡散臭いかも!」と思ってください。

中には受講時のレベルがそもそも高い人もいるはず。
そういう人は大きな金額が得られるかもしれません。
そもそもお客様やファンの多い人とかね。
が、普通の金銭感覚でいってそんなに大儲けできるのはちょっとおかしいと勘繰る平常心を持ちましょう。

私のクライアントさんでも100万以上売り上げている人はいますが、
最初の数か月は一緒にかなり準備しての数字です。
初月から大きな売り上げが立つなんて方法はかなり怪しいです。

自分の今の売り上げから大ジャンプというのは、
それだけ無理して多くの時間を割いたり、
課題がきつい場合もあるので金額の大きさに目をくらませないようにしましょう。
簡単なやり方と書いてあってもそれはどのレベルのおける簡単か微妙ですよ。

番外編:自分の意識

自分の意識
どんな先生、コーチ、コンサルに付いてもらっても
自分が走らなければ前に進めません。

ハッキリ言って自己行動力がある人は
誰についてもそれなりの成果を上げられるでしょう。

逆に「でも」「だって」「私には無理」が
強い人はどんな先生についても難しいと思います。

こういう人はうまく行かないことを先生のせいにしちゃだめだからね!

そして、一番忘れちゃいけないのは
本来、行動することも、考えることも自分の仕事だということ。
だから、その数か月が終わったら自分で走れるようになるプログラムがいいですね。

私も6か月で「まりこの知恵」でサポートしている人は
基本起業を自分で走る方法をお伝えしています。
「自分でできるようになる」、これがゴールですから。
みなさんがいいビジネスパートナーや伴走者と出会えますように!

 

まずは講座に出てみるといいかもね!

相性や先生の様子を見るには何かしらで話してみるのが一番ですね。
あとは、無料で公開しているコンテンツなどがあればそれに登録してみる。
その方の考え方やスキル、センスなどを見るといいですね。

洋服の試着があるように、
先生の様子を何かで知るのも大事。
迷っているなら個別相談などで話してみるのもいいかも。
何十万も払う前に体験できるなら個別相談は安いのかもしれないし。

私の場合だと
セルフプロデュース講座に出て
私の話や考え方を聞いてくださった方に
基本お助けまりこサポートのご案内をしています。
それなら、私の考え方やスキルなども感じていただいて検討しやすいと思うので。

 

ちなみに私の場合

私の場合は毎月無料の未来ワクワクワークというのをオンラインで開催しています。
この講座はメルマガ読者さん向けの感謝企画でもあるのですが、
このワークは12月年内で終了となります。
来年は別のプログラムになります。

やまなかにちょっと興味を持った人は12月までなので参加してみてくださいね。

毎月特別無料開催「未来ワクワクワーク」

その他の無料メール講座はこちら
ブログが毎日書けるようになる10の法則などもあります。

 

 

おたすけまりこプロジェクトなどサポート一覧はこちら

仕事づくり toi600

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 周りがとにかく羨ましかった私が見つけた転勤族妻の起業という選択

  2. にゃんこの手

  3. 2017年大阪講座スケジュール

  4. ズルいぐらい成功する5つの鍵

  5. 【実録】在宅オンライン中心で働くある日の私

  6. 感情を満たすお金の話

  7. えっ、まじ?無人島にそれ持っていくの?

  8. 「たら」「れば」言ってると腐るからね