大阪でも東京でもウケる講座の作り方ー●●のスキルアップ

関西と関東の反応の違い

ズルいぐらい幸せになる仕事の作り方やまなかまりこです

今日のテーマは
大阪でも東京でもウケる講座の作り方ー笑いのスキルアップ

関西人の講師が言うことには
関東での講演や講座は地元で開催するのと反応が全然違うのだとか。

ある方が「横浜」で講座をやった時に
いつもだったらドッカンドッカンうけるところが全然ウケなかったことにショックを受けたのだとか!
(このドッカンドッカンという表現の時点で実に関西を感じる)

みんな、いつもならウケるところなのにぃ~!!と言っていました。
(ああ、手を叩いて笑うアレですね)

皆笑わないでどういう反応だったのですか?と聞くと
「下をみてメモを取ったり」とか

(´・ω`・)エッ?
めっちゃ役立ってる感じなんでいいんじゃないかぁ!?と思ったのですが
なんか笑ってもらわないと物足りないだろうな。さすが関西人。

「横浜怖いわぁ」と言っているので
関東に来たらお客さんが「アルカイックスマイル」ぐらいでもうウケたと認識していいと思いますよ!
と個人的な意見を述べておきました。

関東の洗礼

実際の所こういう文化というかリアクションの違いはあるらしいのです。

大阪から引っ越してきたあるママは
関東、チヤホヤ度が足りない!と言っていました。
どうも、大阪に住んでいた時は
子どもを連れていると知らんおばちゃんとかが寄ってきて
ワーワー声をかけてくれたらしいのです。
パーマのちょっと怖そうなおばちゃんでもスーパーで声かけてくるんだヨ!
と言っていました。
関東にきてからその頻度が減った!物足りない!と言っていました。
「チヤホヤが物足りない」とは!と結構ビックリしました。

またある方は関東の反応に驚いたのだとか。
自分がドジをした失敗話をすると大阪だとツッコミが入っていいネタになるそう。
でも、関東にきて同じような失敗の話をすると
「可愛そうに」という反応が戻ってきたり、
相手が何て言ったらいいか分からず困っていたりして難しい・・・・
と言っていました。
失敗がネタでなくてただの失敗になっちゃうわけですな。

ああ、どこまでツッコむか難しいですし、
関東人ツッコミを磨いて育ってないからなー

はたまた、こんな話もありました。
関東に出てきてしばらくたったころ
飲み会でつまんない話をする人がいたので
「おもんないなー!笑」と言ったら場が凍り付いたとか。

ああ、それ言われた人がすぐ反応して
「おもんない言うな」とか返さなくちゃいけない場面ですもんね。
確かにそれ難易度高いかも。

関東に思うこと

笑いの偏差値の高い関西から来た人が関東に思うこと

・全体的にリアクションが薄い
・オチがない
・ボケてもツッコミがこないのでむなしい
・ツッコミが鋭いと引かれる

こういうことですかね。

私は関西は数年しかいなかったので
関西弁はネイティブにもなれませんでしたが、

個人的には色々学ばせてもらったなーと思います。
ということでここから実践編

 

関西の講師が関東で講座をするときに心がける事

関西の講師が関東で講座をするときに心がける事

・笑っていいよと言っておく
反応があると嬉しいみたいな話を先にしておく
静かに聞いていなくちゃいけないのではないかと思っている人が多い
ここ笑っていいですよ!と言うと笑います。
なんだったらそういう吹き出しを持っておくといいかも

・リアクションが薄いのを気にしない
アルカイックスマイルがもらえれば十分と思いましょう!
手を叩いて笑うレベルはよっぽどです
心を強くもつ!

・スピード
関西弁でちょっとこちらで使わない表現があると
「今、何て言ったのか分からない」ということがあります。
参加した人で親しい関東人がいたら、あとで率直な意見を聞いておきましょう。

・求めているのが笑いとは限らない
お金を出して講座を受ける場合求めているのは「役立つ内容」
笑ってくれなかったからといって不満に思っているわけではないので大丈夫!
本業の部分を伝えることをがんばろー

関東の人が関西で講座をするときに心がける事

関東の人が関西で講座をするときに心がける事

・難しいことは面白さを必ず交える
これ実はすごく重要
私の場合は同じ講座でも関西でやるときは話の順番も変えてます。
講座は面白く、歯切れよく
ネタになる話を抱えておくこと(失敗は宝だ)

・リズムよく
スピードというかリズムよく進めるといいノリでついて来てくれます
手を上げたり参加型にすると盛り上がる

・ツッコミを恐れない
参加者にツッコミを入れても結構大丈夫。
特になんか変なことをしたら愛のツッコミを入れてあげましょう
(これをネタにされてオイシカッタと言ってくれる)
そして、面白いとなぜか認めてもらえる

・ツッコミがきたら受けて立つ
自分が変なことをしたりするとツッコミが容赦なく来ます。
そういう時は批判されたなどと思わず受けて立ちましょう。

・大阪愛を見せる
大阪のここが好き!というのを言うと好意的に受け取ってもらえます
関西人のここが変!という話もなぜかそこに誇りを持っていたりするので笑ってもらえます。

 

勝手にまとめ

この記事は私見に基づく勝手なまとめでしたが
全国で講座や仕事をしたい!という方の参考になればとおもいます。

関東に戻ってきても年に何回か大阪に行っています。
帰ってくるとしばらくツッコミが鋭すぎて
周りが引くときがあるので気を付けています。

最後におすすめ図書を紹介しとくー

面白い視点を手に入れる

話下手の人はこの辺から

笑いではないけどこれ良書かなと

 

kigyouyoko1

10セミナー仕事づくり toi600

 

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 起業で成功するための「あかさたなはまやらわの法則」

  2. 仕事の根っこ-ワーママ、育休ママも

  3. 「お金」と「やりがい」どっちを取る?

  4. 旦那は大人である

  5. プロフィール写真撮りの時はコレを必ず気を付けること!

  6. 増席しました!セミナー動画の作り方!実践3回講座

  7. 大きな企ては失敗する!?の法則

  8. 猛獣を相手に日々奮闘する妹にも拍手を送りたい