完璧にこだわっていてブログが書けない、下書きにたまる!

完璧にこだわる

ズルいぐらい幸せになる仕事の作り方やまなかまりこです

ブログ記事を書き始めるとなかなか書き終わらず
書いては消し
書いては消し
最後は下書きに入れっぱなしになり
なかなか投稿できない。

とそんな話を聞くことがあります。

完璧主義だから
間違ったことは書けないし
こんなことを書いてはまずいかも
表現などを気にしだすとプレッシャーになって

など理由は色々ありそうです。

でも確かなことは、
投稿して公開しない限り誰も読めないし
その記事も、
その記事で伝えたいことも誰一人にも伝わらないという現実。

時には自分の中で考えすぎて、考えることにすら飽きてしまって
結局下書きを消去してしまう人もいるぐらいでなんとももったいない話です。

ブログは自分の意見を書く場、
時には自分の感情の話や自分の考えを書くこともある。
正しいとか正しくないで判断できないものです。

でも、それでいいと思うのです。

自分にない考えを読んで発見があったり
新しい視点で見方が変わったり
共感できる記事を読んで心が軽くなったり
その人の一面を知ることができて親しみが湧いたり

そういうのはすべて受け手側が読んではじめて感じる事。
だから発信すること
アウトプットすることを恐れなくていいと思うのです。

こんなことを書いていいのかしら・・・と思っても
それをどう受け取るか?は受け取り側の問題。

それをこちらの都合や怯えで変に躊躇して中途半端な記事にすると
誰にでも書ける当たり障りのない内容になってしまう。
そちらの方がかえって残念なものになることだってあるのです。

むしろアンチ派が出るぐらいの方がファンも同時にできるものでしょう。
それでも心配なら、
自分が安心して話せる場や伝えられるクローズドなコミュニティを創ればいいのです。
そこで自分の意見を発信すればいい。

「完璧でないから」
と言っている人も実は裏に
「誰かに攻撃されたくない」とか
「ちゃんとできる人に見られたい」とか
結局は自分を守るためじゃないか!という理由を抱えていることも少なくありません。

そういう自分でいるうちは迷いやブレが出てきます。
発信することには責任が伴うのは確かにその通り。

でも、こういう講師業においてはその責任も仕事の一部。
もう後ろに会社も先輩もかばってくれる上司もいないのです。
「自分」で勝負するときが来た!そういうことです。

ぜひこの記事もどうぞ

<関連記事>

大丈夫、もう嫌われているから

「いいね」の数なんか気にしている場合か?-講師向け

kigyouyoko1

10セミナー仕事づくり toi600

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 「たら」「れば」言ってると腐るからね

  2. 褒められなくても生きていける?

  3. いつかまた働きたい!

  4. もしも戻れるなら何才の夏?

  5. 夜の秘密グループではこんなことが行われています・・・・

  6. 可愛いブログやHPの作り方ーフォントが変わるとこんなに違う実例紹介!

  7. 自分がもっと好きになる!

  8. 極寒のワカサギ釣りで思うこと