「怒りを手放したいママのためのイライラと上手く付き合う3ステップ」

横浜・湘南子連れママグループママスクのやまなかまりこです

表紙モデル撮影会をお願いしている
鶴岡さんがブログに
子どもを外で大声で怒っちゃっていた親子について書いていました。

ああ、そういうのを見かけるときありますよね。
子どもって
どうして今?っていうタイミングで
どうしてそんなことする?
ってことをやっちゃうもんですよね。

失敗も危ないことも
やって、怒られて
「あっ、いけないんだ!」で気が付くことがいっぱいです。
mother_angry

でも、怒りの感情って結構でっかくて、
怒りだしたら自分でも止められないという方もいてつい怒りすぎてしまうって話も実は多いんです。
で、どんなママも怒りたくて怒っているわけではなくて
ちゃんと伝えたいことがあるんだけど怒っているうちにオーバーヒート。
結局子どもに伝わらないってことは結構あります。
そんな夜は「ごめんね」と思いながら寝顔をみてちょっと反省したりしてね。

大人でも難しい

これは別にママに限らず、
会社でも怒りっぽい人や難しい人はいたと思います。
つまり、この「怒り」のエネルギーをコントロールするのは大人でも難しいんだと思います。

6月9日のママスクールはこの「怒り」がテーマ。
「怒りを手放したいママのためのイライラと上手く付き合う3ステップ」

 

ここで言うイライラは、
子供に対してだけではなくて
旦那さんや、
ばーばなどの外野、
ワーママは職場の人など相手は色々。

ママは大変なんだからイライラしてもしょうがない
なーんて片づけない。
いったんこの「イライラ」「モヤモヤ」「プンプン」について考えるのは結構大事なこと。

shitsuke_hysteria

だって、子供が大きくなっても怒れる事態はいつも起こります。
そして、親の怒りのコントロールを見て子どもが学ぶこともいっぱいあるはず。

実は先週、あるママと話していて
「昔、お母さんに怒られて嫌だなと思った言い方を自分がしていることに気が付いて落ち込んだ」
って話を聞いたばかり。

イライラ、プンプンを起こさないことよりも、
怒りの感情が起きたときにどう付き合うか?にフォーカスします。
もっと子どもや旦那さんとも、そして自分ともうまくやっていきたいなという方はぜひきてくださいね。

「怒りを手放したいママのための
イライラと上手く付き合う3ステップ」
http://www.reservestock.jp/events/111491

*日程の合わない方は後期のママスクールでも開催予定です。
WEBでも開催していくので興味のある方はお知らせを

ママスクメール300 ママすけ300

toi600

The following two tabs change content below.
転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 平塚七夕まつり2016

  2. 「面倒なこと」とまとめ過ぎない!

  3. 塾でも取り入れている勉強の方法

  4. 今でもやっていることは交換日記なのだ!

  5. 風船遊びのアイディア-赤ちゃんキッズとあそぼう

  6. 10年前、あなたは何をしていましたか?

  7. もう!今やってくれたらいいのに!

  8. 無駄な服を買わないコツは事前の●●●●にあった!